保護シートがかけられたマンション

マンション大規模修繕工事を行うタイミングは?

工事用の足場

マンションを購入した場合、修繕工事が必要になります。マンションは築根数が10年を超えると壁にひびが入ったり塗装が剥がれてくるなど劣化していきます。築12年を目安にマンション大規模修繕工事を行うよう国道交通省は推奨していますので築年数が長くなったマンションを所有している方は修繕工事を専門業者へ依頼をしましょう。劣化が出やすい部分は、屋根や外壁などが多いとされておりそのほかにも階段の手すりや外部から見えない排水管なども水の流れが悪くなるなどのトラブルが発生しやすくなりますので注意しましょう。マンション大規模修繕工事をしないでいると、劣化が進んでいき次第に住人が減少する場合があります。また、マンション大規模修繕工事を定期的に行わないと劣化が進み工事にかかる費用が高額になることもあるので修繕工事は必ず行うようにしましょう。マンションの修繕工事には、だいたい2か月から3か月はかかることが多いとされています。大がかりな工事になり費用がかかるため、資金の確保や工事に向けた計画をしっかりと立てることが重要です。専門業者を選ぶ時は、価格が安すぎるところは避け管理会社に検査や工事を任せると安心して作業を任せることができます。

TOP